脱毛は痛い?痛い理由と痛くない方法を解説!

【脱毛に不安がある方必見】脱毛の痛みについて解説!痛い理由やその対処法をチェック!

Question

「脱毛ってなんで痛いの?」

「脱毛の痛みを和らげる方法はないの?」

「脱毛が痛くない人っているの?」

脱毛を受けるなかで、『痛み』に対して大きな不安を抱いている方も多いと思います。

そもそも脱毛は、なぜ痛いのでしょうか。

痛みに対してアバウトに考えるよりも、仕組みを理解することで有効的な解決策が見えてきました。

今回は、これまで何十回も脱毛施術でツルピカ肌を手に入れきた筆者が、脱毛の痛みについて紹介していきます。

この記事を読めば、脱毛方法や部位によって異なる痛みや、痛くない脱毛サロンとクリニックが分かるはずです!

痛みの少ない脱毛でツルピカ肌を手に入れたい女性は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事のポイント!
  • 脱毛の痛みが心配な人は、不安をクリアにしてから脱毛に挑もう!
  • 脱毛器の種類によって痛みの感じ方が異なる
  • エステの光脱毛は痛みが少なく、医療脱毛のレーザー脱毛は痛みが強い
  • ただし、VIOや顔などデリケートな部位は痛みを感じやすくなる
  • ダメージがあると痛みを感じやすいので保湿ケアを徹底する
  • 医療脱毛の場合は麻酔も使える
  • エステ脱毛なら痛くないと定評のあるストラッシュがおすすめ
  • 医療脱毛なら痛みを抑えた脱毛器を導入しているアリシアクリニックがおすすめ
  • その中でも、痛みを抑えて脱毛効果の高いアリシアクリニックが一番おすすめ

アリシアクリニック

\今だけのお得なキャンペーン実施中!/

アリシアクリニックの無料カウンセリングを受ける!

脱毛ってどれぐらい痛いの?脱毛の方法別で比較

「脱毛したいけど、痛みに耐えられるかな?」

「脱毛は痛いってよく聞くけど、どれくらい痛いんだろう」

などなど、痛みに不安を抱いている方も多いと思います。

筆者も脱毛を決意するまで、痛みへの恐怖心を抱えていたことをよく覚えています。

では、脱毛はどれくらい痛いのでしょうか。

4種類の脱毛方法別に、痛みに関する内容をまとめてみました。

脱毛方法4種類
  • 光脱毛
  • レーザー脱毛
  • 絶縁針(ニードル)脱毛
  • ワックス脱毛

これら4種類の中でも、医療機関または美容サロンによって選択できる方法が異なります。

その点についても触れながら、順に見て行きましょう。

光(フラッシュ)脱毛の痛み

「サロン脱毛は痛くないって、よく聞くけど本当?」

美容サロン・エステ脱毛で行われているのが、光(フラッシュ)脱毛です。

医療機関によっては、光脱毛プランを設けている場所もあるので、気になる方は確認してみてください。

光(フラッシュ)脱毛が痛くないと言われている理由は…

光脱毛が痛くないと言われる理由
  • 照射パワーが弱い(アプローチ温度が低い)
  • 毛を死滅させるのではなく、弱らせるのが目的

このような内容が挙げられます。

光(フラッシュ)脱毛であっても『痛みの無い脱毛』とは言えず、少なからず痛みを感じるのです。

しかも、人によっては「波長エネルギーの多い光脱毛より、ダイレクトにムダ毛に刺激を与えられる医療脱毛の方が痛くない!」と感じるケースもあります。

この話を聞くと、『サロン脱毛は痛みが少ない』というイメージが少し変わってきますよね。

脱毛というのはそれだけ、個人の肌質・毛質といった、さまざまな条件の違いによって差がでてくるということなのです。

上記を踏まえて、その他の脱毛方法についても見て行きましょう。

レーザー脱毛の痛み

光脱毛とは異なり、「医療脱毛は効果があるけど、痛い…」とよく耳にしませんか。

この医療脱毛に使われているのが、レーザー脱毛です。

レーザー脱毛が痛いと言われている理由には…

レーザー脱毛が痛いと言われる理由
  • 照射パワーが強い(アプローチ温度が高い)
  • 毛根を死滅させるのが目的

このような内容が挙げられます。

医療機関でしか扱えないレーザー脱毛機器には、毛根を死滅させられるほどの強力なパワーがあると同時に、人によってサロン脱毛よりも痛いと感じる場合があります。

針(ニードル)脱毛の痛み

永久脱毛効果を得られることで知られているのが、針(ニードル)脱毛です。

根拠のある効果を感じられるものの、電流が流れる針を毛穴に直接差し込むため、強い痛みを感じます。

そのため、筆者的には脱毛中の痛みよりも、脱毛後の効果を重視している人におすすめです。

また、医療機関と美容サロンによって針(ニードル)の特徴に違いがあります。

「どんな違いがあるの?」という方に向けて、比較表を作成してみました。

針(ニードル)脱毛の違い 医療機関 美容サロン
名称 絶縁針脱毛 電気美容脱毛
概要 電流が流れる針を毛穴に差し込む 電流が流れる針を毛穴に差し込む
資格の有無 医療免許取得済みの医師または看護師しか対応できない 医療免許の無い人でも対応できる
肌への刺激 電流による肌への刺激を抑えられる

ワックス脱毛の痛み

「即日で効果を感じたい!」

「産毛や色素の薄い毛も、しっかりと脱毛したい!」

そんな思いに対応してくれるのが、ワックス脱毛です。

ワックス脱毛の場合、無数のムダ毛を同時に引き抜くため、多少の痛みを感じます。

ワックスにも油性や水性、ハードタイプ、ソフトタイプとさまざまな種類があるのが特徴です。

そのため、使うワックスの種類や毛量・毛深さなど、それぞれの違いによって痛みの感じ方にも差がでてきます。

また、その場で効果を実感できるのが最大のメリットですが、毛の生成に対するアプローチは無いため、ムダ毛の根本的な原因を解決できないというデメリットがあります。

痛くても脱毛をやるメリットは?

脱毛方法別に痛みについて確認していくと、『痛みが無い脱毛』というものが存在しないことが分かります。

「痛い思いをするくらいなら、カミソリや家庭脱毛機器で十分なんじゃない…?」

このような思いを抱く方も多いと思います。

では、それほどの痛みを我慢してでも脱毛を受けるメリットとは何があるのでしょうか。

脱毛のメリットについて調べてみると…

痛くても脱毛をやるメリット
  • ムダ毛の処理頻度が減少する
  • 方法によっては永久的な脱毛効果がある
  • 自分では気づかない、届かない場所もツルピカ肌になれる
  • 確認しづらいデリケートゾーンも優しく処理できる
  • 細菌感染や肌トラブルの発生を防げる

このような内容がありました。

痛みを伴いつつも、ムダ毛の根本(毛の生成を行っている場所の破壊)を解決できるのが最大の魅力です。

脱毛1つでもさまざまな違いがありますが、セルフケアでは叶えられないムダ毛処理を受けられる、ということは共通しています。

自分では届かない・見えない部位、カミソリの衛星管理、肌のケアなど、全体を見通していくと多少の痛みがあっても確かな効果を得られる脱毛が魅力的に見えてきませんか♪

脱毛が痛い理由を解説

そもそも脱毛は何故痛みを感じるのでしょうか。

針(ニードル)やワックス脱毛の痛みは多少なりとも想像できますが、光脱毛やレーザー脱毛の痛みは分かりづらいですよね。

まず、「どうして脱毛は痛いの?」という疑問を解決するには、脱毛の仕組みを理解する必要があります。

脱毛の仕組み

メラニン色素を頼りに、レーザーや光が放つ特殊な熱エネルギーが毛根まで行き届き、毛の生成を行う組織を破壊する

このように、熱を使用して毛根付近の組織を破壊するのが、脱毛の特徴・仕組みです。

ただ、毛根付近の組織が破壊されたと同時に、周辺の皮膚にもダメージが加わります。

よく「火傷と同じ症状を起こしている状態」と言われていますが、この毛根付近の皮膚に伝わるダメージ(火傷)こそが、レーザーや光脱毛で感じる痛みの原因なのです。

痛みの感じ方は人それぞれであり、ゴムに弾かれたような痛みを感じる場合もあれば、ヒリヒリするような痛みを感じる場合もあります。

脱毛で痛い部分&痛くない部分

「どこの部位が一番痛い?」

「どこの部位なら痛くない?」

このように、脱毛前に部位別の痛みを把握しておきたい方も多いと思います。

脱毛は、部位によって毛の太さや濃さが異なるように、痛みにも違いがあるのが特徴です。

かなりの痛みを感じることもあれば、プチっと毛抜きで抜くような軽い痛みを感じる場合もあります。

ここでは、脱毛で痛い部分&痛くない部分について4部位をまとめてみました。

紹介していく部位4つ
  • デリケートゾーン
  • ワキ
  • 腕・足

痛みの感じ方にどんな違いがあるのが、順に見ていきましょう。

デリケートゾーン

デリケートゾーン(VIO)は、全身の中でも特に強い痛みを感じる場所です。

強い痛みを感じる原因は…

デリケートゾーン(VIO)が痛い理由
  • 毛量が多いから
  • 毛質が太くて硬い&根深いから
  • 皮膚が薄いから

このように、レーザーや光が反応しやすい毛量・毛質の条件が影響しています。

デリケートゾーンの中でも、Vライン・Iライン・Oラインで痛みに差があるのもポイント。

最も痛みを感じるのが、Iラインの中側・小陰唇付近です。

その次に、毛量が特に多いVラインとなり、我慢できる程度の痛みで済むのがOラインといった違いがあります。

デリケートゾーンの部位別に感じる痛みについて
  • Iライン:外側はそれほどでもないが、中側・小陰唇に近づくに連れて痛みが増す
  • Vライン:Iラインほどではないが、強い痛みを感じやすい
  • Oライン:我慢できる痛み程度で済む
デリケートゾーンの事前処理には慎重に

見えない部分を感覚で処理してしまうと、気付かない間に肌を傷つけ、脱毛の痛みを増加させるリスクがあります。

別料金で剃毛依頼できる場所もあるので、セルフ処理に不安がある場合はサロン・クリニック選びの基準にしてみると良いでしょう。

顔ひとつの脱毛でも、部位が細かく分かれており、痛みに差があるのが特徴です。

顔脱毛の中でも強い痛みを感じるのが、鼻下と額(おでこ)。

痛みを感じる原因は…

顔脱毛が痛い理由
  • 皮膚が薄いから
  • 皮下脂肪が少なく、骨に近いから
  • 産毛が多いから

このように、顔は皮膚が薄くデリケートなので、レーザーや光の刺激をダイレクトに受けると強い痛みを感じます。

また、産毛に対する脱毛の効果が薄いため、出力調節の加減で痛みを感じやすくなる場合もあります。

顔脱毛では、ピリピリとした痛みを感じるのが特徴です。

ですが、顎や頬といった骨に近い部分になると、響くような痛みを感じやすくなります。

肌が乾燥している場合や荒れている場合も強い痛みを感じやすくなるので、脱毛前に肌のコンディションを整えておくと良いでしょう。

顔の部位別に感じる痛みについて
  • 鼻下・額(おでこ):ピリピリとした強い痛みを感じやすい
  • 頬・顎:鼻下・額(おでこ)ほどでもないが、骨に響くような痛みを感じやすい

ワキ

ワキの脱毛は、強い痛みはあるものの我慢しやすい場所と言われています

強い痛みを感じる原因は…

ワキが痛い理由
  • 毛量が多い
  • 毛質が太くて硬い&根深い
  • 皮膚が薄い

デリケートゾーンと同様に、皮膚の薄い場所に太くてしっかりとした毛が生えていることが影響しています。

レーザーや光の反応も良いので、デリケートゾーンに続いて痛みを感じやすいでしょう。

ただ個人差はあるものの、脇毛処理の頻度が多い部位なので、耐えられない程の痛みを感じる可能性は低いようです。

特に毛抜きや家庭脱毛機器など、痛みを伴う自己処理を経験している方なら、痛みに耐えやすいといった情報もあります。

ワキの部位別に感じる痛みについて
  • デリケートゾーンの次に痛い部位である
  • ムダ毛処理になれている部位だから、人によっては耐えられる痛み

腕・足

腕や足は、全身の中でも痛みを感じにくい部位です。

ただし、皮下脂肪が少なく皮膚の薄い場所や毛の多い場所は、それなりの痛みを感じます。

痛みを感じる原因は…

腕・足が痛い理由
  • 皮下脂肪が少なく、骨が近い
  • 皮膚が薄い
  • 毛がある程度太くて多い

腕・足の痛みについては、毛の太さや量の違いから個人差が大きく現れます。

ただデリケートゾーンや脇とは異なり、細く柔らかい毛が多いので痛みは少ないです。

特に腕に関しては、腕下・腕上に関わらず、弱い痛みしか感じません。

ところが、骨に近い部位でもある膝や臑(すね)は、響くような痛みを感じやすいので心得ておきましょう。

腕・足の部位別に感じる痛みについて
  • 腕:弱い痛みを感じる
  • 足:膝や臑(すね)は骨に響くような痛みを感じやすいが、他は弱い痛みで済む

脱毛が痛いと感じやすい人は?

「痛くないって言われたに痛かった…。もしかして、痛みを感じやすいタイプのかな?」

そんな疑問・不安のある方は、ぜひ以下の項目に当てはまらないかチェックしてみてください。

痛みが感じやすい人には、以下3つのタイプがあります。

痛いと感じる人3タイプ
  • 敏感肌の人
  • 褐色肌の人
  • 毛が濃い人

どうしてこのような人たちが痛みを感じやすいのか、順番に見て行きましょう。

敏感肌の人

まず、痛みを感じやすい人の特徴には「敏感肌」という共通点があります。

スキンケア化粧品や整髪剤などを使用した際に、赤みや痒みが発生する場合は敏感肌と言われています。

医学的な病名ではないものの、肌が揺らぎやすく、荒れやすいのが特徴です。

敏感肌でも脱毛は行えますが、「刺激に弱い」という面から痛みを強く感じやすい傾向があります。

出力の弱い光脱毛なら、肌への負担を抑えながら脱毛できるのでおすすめです。

ただ、個人によって差がありますので、強い痛みを感じる場合や不安がある場合は、無理せず相談しましょう。

褐色肌の人

続いて、痛みを感じやすい人の特徴に「褐色肌」という共通点があります。

既にお伝えしている通り、レーザーや光脱毛はメラニン色素に反応する仕組みがあるため、毛以外の部分にまで反応して痛みを感じやすくなってしまうのです。

特に日焼け肌は、脱毛できないマシンが多いので注意しましょう。

紫外線を受けた肌にレーザーや光を照射すると、炎症が悪化して痒みや痛みを伴う恐れがあります。

褐色肌や日焼け肌のように肌色素が濃い方は、メラニン色素に反応しない脱毛機器がおすすめです。

サロンやクリニックによって導入している脱毛機器が異なるので、事前に確認しておきましょう。

毛が濃い人

最後に、痛みを感じやすい人には「毛が濃い」という共通点があります。

デリケートゾーンや脇を見ても分かるように、毛が太くて濃い場所は皮膚が薄く繊細な場所です。

立派な毛に十分な反応をみせるレーザーや光に対して、毛の生えている皮膚はとてもデリケート。

そのため、どうしても強い痛みを感じやすくなってしまうのです。

さらに、毛深い人は根本まで照射するのに時間が掛るため、肌への刺激を強く感じてしまう場合もあります。

脱毛で痛かった時の対処法

「脱毛の痛みを和らげる方法は無いの?」

という疑問を抱えている方も多いと思います。

少しでも痛みが和らげられれば、脱毛への恐怖心も抑えられそうですよね。

そこで、何か良い対策法はないのか調査してみると…

痛かった時の対処法2つ
  • 肌の保湿を心掛ける
  • 医療脱毛なら麻酔をお願いする

このような2つの対策法が見つかりました。

具体的な内容を順番に紹介していきます。

肌の保湿を心掛ける

脱毛前に自宅で行える唯一の対策方法は「保湿」です。

肌が十分に潤っていると、レーザーや光脱毛の刺激を和らげることができます。

反対に酷く乾燥していると、痛みを増加させるだけではなく、脱毛効果を半減させるリスクがあるのです。

レーザーや光を毛根まで届けるためには、十分な保湿が欠かせません。

保湿を意識していない人にとっては「面倒だな…」と感じやすいですが、乾燥は肌トラブルの原因にもなります。

日頃から肌をしっかりと保湿しておくことで、美肌を手に入れる近道にもなるので、ぜひ心がけてみてください。

保湿とはいえ、高級なクリームやボディローションを用意する必要はありません。

安価のものでも良いので、毎日続けて保湿しましょう♪

医療脱毛なら麻酔をお願いする

医療脱毛では、痛みを強く感じる傾向があるため、脱毛に適した麻酔を用意しています。

「脱毛したいけど、やっぱり痛いのは怖い…」

という方は、ぜひ医療脱毛で麻酔の使用を相談してみてください。

「麻酔ってどんなものを使うの?」

新にこのような不安や疑問も出てくると思います。

そこでマイナーな麻酔を2種類についてまとめましたので、参考にしてみてください。

医療脱毛で依頼できる麻酔2種類
  • 笑気ガス麻酔:ガスを吸い込んで痛みへの感覚を鈍らせる
  • 麻酔クリーム:施術箇所に塗り込んで痛みへの感覚を鈍らせる

どちらの麻酔を使用するのかは、医師による診断を終えた後に確定します。

希望がある場合は、カウンセリングや診察時に確認してみましょう。

全く痛くないとの評判!ストラッシュ

「痛くない脱毛サロンはどこ?」

数ある脱毛サロンから、痛みが少ないと有名なのが「ストラッシュ」です。

ストラッシュ

「なぜ、ストラッシュの脱毛は痛くないの?」

それは、SHR式脱毛を取り入れているからです。

SHR式脱毛は、毛根・毛包に向かって弱い光を繰り返し当ててムダ毛を処理していきます。

蓄熱式脱毛とも呼ばれ、今ある毛ではなく、これから生えてくる毛に対してアプローチを掛けていくのが特徴です。

メラニン色素を通じて刺激を与える従来の脱毛とは異なり、肌色や毛色・毛量・毛質に関係なく脱毛効果を期待できます。

感じる痛みはじわじわとほんのり熱さを感じる程度なので、痛みが苦手な方でも安心です。

さらに、ストラッシュの脱毛機器は-10℃の冷却ガスが搭載された最新タイプなので、冷却ジェルよりも効率よく痛みへの感覚を鈍らせられます。

実際にストラッシュで脱毛を受けた方の口コミも好評です!

また、こちらのストラッシュの口コミの記事で更に詳しくまとめていますので、チェックしてみてください!

ストラッシュが痛くない理由まとめ
  • メラニン色素ではなく毛包・毛根に直接アプローチするSHR脱毛
  • -10℃の冷却機能で施術部位の痛みを鈍らせる
  • 痛みは、ほんのり温かさを感じる程度

ストラッシュでは、返金保証が付いているほか、61箇所の脱毛が初月無料のキャンペーンも実施しています。

ストラッシュについて詳しく知りたい方は、ストラッシュの口コミ記事もご覧ください。

興味のある方は、ぜひ公式サイトを要チェック!

\今だけのお得なキャンペーン実施中!/

ストラッシュの無料カウンセリングを受ける!

医療脱毛で痛くないのはアリシアクリニック

「効果のある痛くない医療脱毛クリニックが知りたい!」

そんな方におすすめしたいのが、アリシアクリニック」です。

アリシアクリニック

「アリシアクリニックの脱毛がどうして痛くないのか」

それは、痛みの少ない脱毛機器を厳選して導入しているからです。

脱毛機器は全部で4種類あり、肌のコンディションや毛質など個人に合わせて最適なものを利用できます。

なかでもソプラノチタニウムは、毛包・毛根へアプローチする蓄熱式なので痛みをほとんど感じません。

さらに、アレキサンドライトレーザー・ダイオードレーザー・YAGレーザーの3種類を搭載しているため、毛の太さや深さに合わせて柔軟に対応できます。

細い毛と太い毛が混ざっている部位でも、効果的な脱毛を行えるのです。

実際にアリシアクリニックの口コミも良い声ばかりが集まっています。

また、こちらのアリシアクリニックの口コミの記事でもを詳しくまとめているので、気になる方は参考にしてください!

アリシアクリニックの脱毛が痛くない理由まとめ
  • 痛くない脱毛機器を厳選して導入している
  • 毛包・毛根にアプローチする蓄熱式脱毛機器がある
  • 4種類の脱毛機器を使い分けられる
  • 医療機関の資格を保持したプロが施術する

アリシアクリニックでは、無料カウンセリングやお得なトライアルプランを設けています。

興味のある方はぜひ、公式サイトを要チェック!

\今だけのお得なキャンペーン実施中!/

アリシアクリニックの無料カウンセリングを受ける!

まとめ:脱毛の痛くないサロンを選ぼう

今回は、脱毛の痛みに関する内容をまとめました。

脱毛方法や部位によって、痛みの感じ方や強さに違いがあります。

ここまでの情報をもと、やはり痛みへの不安がある方には脱毛サロンがおすすめと言えそうです。

ただ、個人によって差が出てくるデリケートな内容なので、興味のある方はトライアルやキャンペーンを利用して、実際に体験&カウンセリングを受けてみましょう。

今回の記事を参考に、痛みの少ない脱毛でツルピカ肌をゲットした女性が増えていると嬉しいです♪

併せて読みたい!
▼脱毛の効果を解説した記事はこちら▼
エステ脱毛と医療脱毛の効果ってどう違う?脱毛の効果について詳しく解説! なんで脱毛の効果が感じられないの?エステと医療の違いや脱毛方法の違いも解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA