【悲報】脱毛のリスクって実はたくさんある!?そのリスクと回避方法を解説!

【悲報】脱毛のリスクって実はたくさんある!?そのリスクと回避方法を解説!

Question
「脱毛してみたいけど、脱毛のリスクには何があるの?」
「エステ脱毛と医療クリニック、どちらがリスクがあるの?」
「リスクを踏まえて脱毛サロン・クリニックを選ぶときのポイントは何?」

脱毛はしてみたいけれど、リスクについて正しく理解している方は少ないのではないでしょうか。

肌質や状況によっては、脱毛NGな場合があり、注意が必要です。

リスクについて正しく理解しないまま脱毛を行うと、トラブルの元となってしまいます。

そこで、脱毛経験者の筆者が脱毛にまつわるリスクについてまとめてみましたので、参考になれば幸いです。

本記事のまとめ
  • 脱毛リスクには火傷・痛み・色素沈着・毛嚢炎・増毛化・硬毛化・打ち漏れがある
  • 脱毛のリスクを低くするには脱毛時の注意事項を厳守することが大切
  • 医療脱毛ならレジーナクリニックがおすすめ!
  • エステ脱毛ならSASALA(ササラ)がおすすめ!
  • 日光過敏症や皮膚に特殊疾患のある方、妊娠・授乳中・生理中の方は脱毛NG
  • 日焼け肌でも脱毛したい場合はSTLASSHで脱毛

ササラの脱毛100円キャンペーン

\今だけのお得なキャンペーン実施中!/

ササラの無料カウンセリングを受ける!

脱毛の具体的なリスクとその対処法について解説!

「脱毛のリスクには何があるの?」

今では身近になった脱毛ですが、サロンやクリニック毎に施術方法や利用する脱毛器が異なります。

施術の仕方や脱毛器によって、それぞれリスクは異なりますが、脱毛におけるリスクとその内容について、具体的に見ていきましょう。

火傷・痛み

まず、一つめのリスクとして「火傷」があります。

エステサロンも医療クリニックも、どちらも毛根に熱を加えるという施術方法の場合、火傷のリスクがあります。

可能性としてはとても低いのですが、肌が極端に敏感な人や、体質の問題で、まれに火傷する人がいます。

脱毛によるやけどの場合、一般的な火傷の症状と異なり、毛穴を中心に徐々に赤みが出ることが多く、気づきにくいです。

普段より肌が火照る、毛穴に赤みがある場合は、すぐにサロンやクリニックに相談すると良いでしょう。

また、レーザー脱毛でも光脱毛でも、出力を弱めてもらうことは可能なので、肌が弱い人や火傷をしやすい体質の方は、カウンセリング時に相談およびテスト照射していただくと良いでしょう。

次に「痛み」のリスクがあります。

威力が強いレーザー脱毛のほうが、光脱毛より痛みを感じやすい傾向にありますが、多くのサロン・クリニックが痛みに対する対策を講じているもの。

テスト照射にて痛みがあるかないか確認していただくのが一番早いですね。

脱毛部位によっても痛みの出方が異なるため、痛みが出やすい部位を脱毛する場合は、お試しコースのあるサロン・クリニックで一度体験してみることをおすすめします。

色素沈着

次に、「色素沈着」のリスクについて解説します。

折角脱毛したのに、色素沈着を起こしてしまっては元も子もないですよね。

では、どういう時に色素沈着を起こしてしまうのか、についてですが、こちらは施術のダメージが残っている状態で紫外線を浴びることが原因と言われています。

施術後の肌に紫外線の刺激を与えると、普段以上にメラニン色素が作られやすくなっているため色素沈着を起こしてしまうことがあります。

施術中は肌を日焼けから守らなければならないので、紫外線対策はしっかり行っていきたいですね。

毛嚢炎

聞きなれない用語かと思いますが、脱毛のリスクとして、毛嚢炎(もうのうえん)があります。

どのような症状かというと、毛穴の周りが赤くなり、痛みを感じたり、ニキビのようになる場合もあります。

元々毛穴には多くの雑菌が繁殖しているのですが、それらが光脱毛やレーザー脱毛の熱で殺菌されると同時に、肌本来のバリア機能も軽いダメージを受けます。

そのため、バリア機能が低下した状態で毛穴に雑菌が入ってしまうと、炎症を起こしてしまうため、毛嚢炎になるリスクがあるのです。

施術は肌を清潔に保つ必要がありますが、このような症状が現れてしまった場合には、医師に相談し、軟膏や内服薬を処方してもらいましょう。

増毛化・硬毛化

脱毛しているのに増毛したり、硬毛になることがあるの?と思われる方もいるかと思いますが、このようなリスクもあります。

こちらは産毛など、毛が薄い部分で起こる可能性が高く、残念ながら原因については不明のままです。

ただし、毛が薄い箇所で必ず起こるというわけではなく、個人差はありますが、照射を続けることで改善されますので、スタッフと相談しながら施術を進めていくと良いと思います。

打ち漏れ

最後に、打ち漏れのリスクがあります。

脱毛器の種類にもよりますが、光やレーザーを当て損ねる部位が出てしまうことを言います。

この場合、脱毛したのに毛がかたまりで残ってしまうことがあり、あきらかに他の部位と比べて毛が多く残っていることが特徴です。

打ち漏れについてはスタッフの手技によるところもありますが、打ち漏れがあった場合にきちんと対応してくれるサロンやクリニックを選んでおけば万が一の時にも安心です。

脱毛のリスクを低くするために必要なことは?

「脱毛のリスクを低くするためにできることはある?」

脱毛のリスクを低くするには、施術前後の注意を正しく守ることが必要です。

サロンやクリニックにて、必ず事前に注意事項の説明があります。

日焼けしないよう、紫外線を避けることや、施術前後にアルコールを飲まない、激しい運動をしないなどが主な注意事項になります。

これらは施術をベストなコンディションで受けるために必要なことで、守らないと肌トラブルの原因になり、脱毛のリスクを高めてしまいます。

また、施術後のアフターケアも大事です。

サロンやクリニックで行うアフターケアに加え、日頃から十分な保湿を行うなど、セルフケアも大事です。

エステ脱毛と医療脱毛だったらどっちがリスクが高い?

「エステ脱毛と医療脱毛、どちらがリスクが高いの?」

では、エステ脱毛と医療脱毛、どちらがリスクが高いのか、についてですが、どちらも一長一短です。

エステ脱毛の場合、医療脱毛のレーザー脱毛に比べて、威力が弱いので火傷のリスクは低いですが、何かトラブルがあった場合には、医療機関を受診する必要があります。

一方、医療脱毛の場合は、医師が常駐しているため、トラブルがあった場合に、すぐに対処してもらえるという安心感がありますが、火傷のリスクは光脱毛に比べて高くなります。

いずれにせよ脱毛にはリスクがあるため、リスクに対する対策のあるサロン・クリニックを選ぶのがポイントです。

医療脱毛クリニックを選ぶポイントとおすすめクリニック

「医療脱毛クリニックを選ぶ時のポイントって何?」

では、何を基準に医療脱毛クリニックを選べば良いのか、そのポイントをご紹介いたします。

クリニック選びのポイント
  • きちんと相談に乗ってくれる
  • アフターケアの説明がしっかりしている

きちんと相談に乗ってくれる

肌質や毛質、体質などは個人差があるため、一人一人に寄り添ったカウンセリングをしてくれるかどうか、がポイントになります。

きちんと相談に乗ってくれるかどうかは、初回のカウンセリングの対応が参考になります。

そのため、気になる医療脱毛クリニックがあれば、まずはカウンセリングに足を運んでみると良いでしょう。

アフターケアの説明がしっかりしている

アフターケアも大事なポイントです。

肌トラブルはアフターケアによるところが大きいため、こちらの説明がしっかりしている医療脱毛クリニックは信頼できます。

施術後の肌トラブルに対する対応方法や、打ち漏れがあった場合の再照射有無など、事前にきちんと説明があるクリニックがおすすめです。

レジーナクリニックがおすすめ!

レジーナクリニック

以上の2点を踏まえ、おすすめなのがレジーナクリニックです。

気になる方はレジーナクリニックの口コミをチェックして見ましょう。

レジーナクリニックは、医師による無料カウンセリングが受けられます。

もちろんテスト照射も行えますし、2種類の脱毛機から、肌と毛の状態に合ったものを選んでくれます。

アフターケアについても万全で、部位ごとのリスクやリスクを最大限抑えるためのケア方法なども事前に教えてくれます。

医療脱毛を専門に扱うクリニックだからこその知識があり、安全に施錠を行うことができるので、医療脱毛を試してみたいという方にはおすすめのクリニックです。

\今だけのお得なキャンペーン実施中!/

レジーナクリニックの無料カウンセリングを受ける!

脱毛サロンを選ぶポイントとおすすめサロン

「脱毛サロンを選ぶなら、何を基準にすればいいの?」

脱毛のリスクを踏まえてサロンを選ぶなら、医療機関と提携しているサロンがおすすめです。

医療機関と提携している

サロンは医療機関ではないため、医師や看護師は常駐していません。

ただし、医療機関と提携しているサロンの場合、肌トラブルが発生した場合、すぐに提携先の医療機関で対処してもらえるので安心して施術を受けることができます。

また、医療機関と提携している場合は、症状に応じて軟膏や内服薬を処方してもらえるので、治りも早いです。

肌トラブルがあると、次の施術まで期間が空いてしまうため、すぐに対処することがポイントになります。

提携していない場合、サロンでは医療行為が行えないので、冷却や保湿など、一般的なアフターケアどまりになってしまいます。

レーザー脱毛に比べて、リスクが低い光脱毛でも、万が一に備え、医療機関と提携しているサロンを選ぶと良いでしょう。

SASALA(ササラ)がおすすめ!

ササラの脱毛100円キャンペーン

SASALAは、医療機関と提携しているサロンです。

まずは、SASALAの口コミをチェックしてみましょう♪

SASALAは最新の脱毛器を備えたサロンで、2つの光を同時に照射できるため、短期間で効果を感じることができます。

痛みの少なさに定評があり、他サロンで熱を感じたり、ゴムで弾かれたような痛みを感じる場合でも、SASALAならわずかに温かみを感じる程度で済みます。

また、肌への負担も少なく、万が一肌トラブルが起きても提携している医療機関で対処してくれるので安心です。

定期的にキャンペーンも開催されており、無料で脱毛体験できるので、気になる方は無料体験を試してみると良いでしょう。
 

\今だけのお得なキャンペーン実施中!/

ササラの無料カウンセリングを受ける!

医療脱毛やエステ脱毛に適さない人は?

「医療脱毛やエステ脱毛に適さない人っているの?」

残念ながら、医療脱毛やエステ脱毛に適さない人もいます。

体質であったり、特定の状態にある人は、脱毛することができないので、下記条件に合致するかどうか、確認してみましょう。

医療脱毛やエステ脱毛に適さない人
  • 日光過敏症や皮膚に特殊疾患のある方
  • 妊娠・授乳中の方
  • 過度に日焼けしている方
  • 生理中でホルモンバランスが乱れている方

日光過敏症や皮膚に特殊疾患のある方

日光過敏症の方は、光やレーザーに当たることで、光線過敏症の症状が出てしまうことがあります。

また、光線過敏症を起こす可能性のある薬を飲んでいる方も、同様です。

皮膚に特殊疾患のある方も同様で、光やレーザーによる照射で悪化してしまうケースがあります。

いずれの場合でも、程度により脱毛自体を断られてしまうことがありますが、光脱毛ではなく、レーザー脱毛の医療クリニックではOKな場合も。

事前に相談してみると良いでしょう。

妊娠・授乳中の方

妊娠・授乳中の方は脱毛お休み期間です。

筆者も妊娠・授乳中はいったん脱毛をお休みし、卒乳後に再開しました。

妊娠・授乳中はホルモンバランスが乱れるため、脱毛の効果がでにくかったり、肌トラブルが起きやすくなります。

大抵のサロンやクリニックでは妊娠・授乳中の脱毛はできないでしょう。

妊娠の予定がある方は、妊娠や授乳期間のお休み制度があるサロンやクリニックを選ぶと良いです。

過度に日焼けしている方

過度に日焼けしている方も、脱毛が難しいです。

過度に日焼けしている状態は火傷している状態と同じです。

火傷状態の肌に対して脱毛を行うのが危険なのは明らかですよね。

また、光脱毛の「ライト」は黒いものに反応するため、ムダ毛だけでなく、日焼けした肌にも反応してしまうので、肌トラブルの原因となってしまいます。

ただし、程度によっては施術OKな場合もあるため、日焼けが治る前にどうしても脱毛を開始したい、という場合は事前に電話などで日焼け肌での対応が可能か、確認してみると良いでしょう。

STLASSHなら日焼していても脱毛できる

ストラッシュ

日焼けの程度にもよりますが、通常レベルの日焼け肌なら脱毛OKなのがSTLASSHです。

STLASSHは、SHR脱毛を採用しており、こちらは肌表面の色素に直接反応するものではなく、肌内部の毛包に働きかけるため、日焼けした肌でも施術を行うことが可能です。

ただし、程度によってはNGな場合もあるため、カウンセリング時にテスト照射を行った上で脱毛可否を相談してみると良いでしょう。

\今だけのお得なキャンペーン実施中!/

ストラッシュの無料カウンセリングを受ける!

生理中でホルモンバランスが乱れている方

最後に、妊娠中や授乳中同様、生理中もホルモンバランスが崩れるため、脱毛には不向きです。

特にVIOなどのデリケートゾーンは生理中のお手入れがNGで、ほとんどのサロンが生理中の脱毛はお断りしています。

生理中は肌が刺激を感じやすい状態となっており、普段は痛みを感じない場合でも、痛みが強くでてしまうことがあります。

また、傷や肌トラブルがあった場合に、治りが遅くなったり、生理痛のために鎮静剤を飲んでいる場合は、鎮痛剤の服用によって、脱毛した箇所の色素沈着のリスクが高くなってしまうため、おすすめできません。

まとめ:脱毛のリスクを理解してから脱毛しよう

いかがでしたでしょうか。

本記事を読んで、脱毛のリスクについて知って頂けたら幸いです。

脱毛のリスクを知る前と後では、脱毛に対する意識も変わりますし、サロンやクリニック選びの基準も変わってきます。

脱毛のリスクを正しく理解した上で、一人でも多くの女性が最適なサロン・クリニックに出会い、ツルピカ肌をゲットできると嬉しいです♪

併せて読みたい!
▼脱毛の効果を解説した記事はこちら▼
エステ脱毛と医療脱毛の効果ってどう違う?脱毛の効果について詳しく解説! なんで脱毛の効果が感じられないの?エステと医療の違いや脱毛方法の違いも解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA